虚弱体質

体が資本とはよく言ったもので
なにせすこぶる虚弱体質である

20代は仕事以外はほとんど寝て過ごし
結婚して出産してからもそれは変わらず旦那ちゃんにはかなり負担を強いていた

猛烈な貧血と頭痛持ちでおそらくこの2つは関連性のある病気だと思う

女性には毎月生理が来るがその際の出血は怪我の時の様な出血にカウントされず
貧血にならない筈だと言われた(今はどうかは知らないが、かつての勤務先で言われた)
しかし実際、初潮の頃からの月経過多の影響で思春期以降治療したとしても寝てばかりの生活である。
30代になってホルモン剤で出血を抑える様にしたら貧血は改善されて山やら海やら自転車やらにあけくれられた

健康を獲得したのだ!

と、思ってたらそれは薬によるもので
一昨年から手術の関係で薬を止めてたら、そーっと戻り始めており
週末、よく分からない(胃の辺りで胃ではない)痛みで救急車になり
猛烈な貧血である事が判明
現在、常人の半分の血色素で立ち仕事をしていられるのが不思議な状態である。
(客観的にデータだけみたら仕事を休みなさいと患者さんに指導を入れている)

なるほど早起きしてもランに向かえないし山で息が切れる訳だ

体がだるい→動けない→横になる→気持ちが下がる→筋肉が衰える→カロリーを消費しきれない→じんわりリバウンド→
→動くのが面倒→じんわりリバウンド

やばいスパイラル

病気自慢してる場合ではないのだ

さっさと治療して然るべき対処をして健康を獲得せねばならない(せっかく痩せたのに)

撮影しに行かなきゃならない所がいっぱいあるんだ
やっと息子氏を置いて山に行っても大丈夫になってきたのに

そう、山は逃げるのだ。

やらねば!
スポンサーサイト

書斎構築

ついにきました
NEWマシン!




でかいΣ(゚Д゚)

私のお仕事ゾーン


(∀`*)ゞ散らかってますな

落ち着くまで2台体勢とはいえ
片付けめんどくさいぉ(ノ`Д´)ノ彡┻━┻


ここが山場ぜよ


\(^ω^\)(/^ω^)/やりたくなーい


やりたくなーい\(^ω^\)(/^ω^)/


■━⊂( ・∀・) 彡 ガッ☆`Д´)ノ

がががが頑張ります

犬山クリテリウム

自転車してても試合で腕試ししなきゃ
練習したって課題はよぅ探しきらん

って事で会場も近いのでエントリー

渋滞とか会場の具合知らないとか
買い出しとか朝食とか場所取りとか

考えて、5時前に自宅を出たものの
受付は8時で出走は10時だからかなり暇

(ーωー).oO 地味にミスったな

こんな事なら
クーラーボックスとかイスとか
タープとかしっかり持ってくるんだった

反省である

スタートはかなり気合い入れてたのか
先頭を陣取る(・∀・)
コーナーもビビらずに突っ込めている
2周目には先頭が協調始めて、ビギナークラスとはいえ、かなり試合慣れた大人の展開になってきて(・∀・)の頑張り虚しくち切れ出した。
それでも大幅なペースダウンもなく順調

よしよし

3周目少し失速
集中力切れたか?と思うが顔が真っ赤
辛そう

こちらは声をかけるしか出来ないのがもどかしい がんばれ

4.5周目とややペースを上げて
ラストは牽制しあってたグループとゴール争い

出し切ったっぽい
よく頑張った!!

戻って来ると倒れ込んで
熱中症の様子

水をぶっかけて慌ててコンビニへ

緊張し過ぎて水分を取る余裕がなかったらしい。



以前は周回遅れでしたが
だいぶ食らいつける様になりました

(・∀・)も手応えと課題を知れた様で自宅に戻ってから直ぐにスプリント練習に消えてった。
スゲエなJ( 'ー`)しだったら直ぐ寝ちゃうね熱中症だったの忘れたの?

晩御飯は念願のbigboy



なんでそのポーズなんだ!

(・∀・)曰く
bigboyといえばDr.イーブルだそうで

なるほど 細かいよ!

高スペックマシーン

ついに、というか
やっと
PCを新調した

動画も言い訳きかない

到着は10日前後なんだけど
まぁ頑張ります

20マソひねり出すから
お祝い飲みは自粛して
美味い飯を作るって事で

1ツ月飲まなきゃ何とかなるかな

仕事も暇な時期に入るので
自分にカツを入れる為にも良い機会と

ポジティブに考えよう

木曽駒ケ岳リハビリ登山と素材撮り

久っさしぶりの山
もういい加減再開しないとアルプスに素材撮りに行けないので自分にカツ入れに行ってきた

木曽駒はリハビリするにはもってこい

トランスのコースでもあるし
ついでに聖地巡礼とばかりに素材も撮ろうそうしよう

天気は下り坂ではあるが
頑張れば青空が撮れるかもと期待してたけど、昨日の雨がガスとなってモワモワ上がってきてて、撮るにとったけど

撮り直しだよ~(ノД`)シクシク

また上がりにいくのもしんどいけど仕方がない



アマッチさんのマネをしてみたり

米田さんがジャンプしたとこ探したり

結構登れてるので宝剣にも寄ってみたり



お食事券付きのチケットとったので
ビーフシチュー飯抜き頼んで閉店ギリギリまで粘って帰った。

そういや、木曽駒のホテルのレストランに めんこい男子がいるなーと( ^ω^)ムホムホしてたら、実はカッコイイお姉さんだった。

見に行ってみて

ぎっちら上がれ奥穂高 2011.07.17~18 (17日のこと ラクの洗礼)

子連れの登山とて山は平等に我々に試練をくれる
子供だからって落石はよけてはくれないのだ

登山もまだまだ始めたばかりでツッコミドコロ満載

そんな2011年の事 (・∀・)5年生の夏
待ちにまった7月の連休
今年はそんなに休みが取れず、しかも(・∀・)も同行。

前穂の北尾根の予定が奥穂~西穂縦走に変更となった(´Д⊂ヽ


槍以来、久々のアルプス。

(・∀・)の足は相当鈍ってるであろう 大丈夫か?!

23744974_1223720452_232large.jpg

メンバーはJ( 'ー`)しと(・∀・)とオッサン
新穂高ロープの駐車場付近で車中泊して

AM 4:00 いざ出発


ここから白出沢の登山口まで2時間
いい足慣らしになるし、(・∀・)の足取り具合の観察も出来る。

23744974_1223720448_212small.jpg23744974_1223720439_215small.jpg

仲良く歩いてるようだけど ちょっとでも目を離すと距離が広がるのよ

大丈夫か?!(´ヘ`;)ウーム…

23744974_1223720435_192small.jpg23744974_1223720330_151small.jpg

AM 5:00位 到着 テンションがかなりロー(;´∀`)

気分を変えてあげる為に(・∀・)念願の
ハイドレーション(グフホース)をザックにつけてやる事に

がんば (・∀・)
23744974_1223720313_61large.jpg

きびきび歩いてチョ
23744974_1223720306_146large.jpg

(;´ρ`) グッタリ
23744974_1223720302_166small.jpg

どうやら、じわーっとした登りは苦手みたいで(昨年もそうだった)
なんとか なだめすかして登山口まで到着
AM 6:00位 大体予定通り
23744974_1223720297_121large.jpg

23744974_1223720295_111large.jpg

うすモヤの中、お仲間は1チームいた。
ムスコ(20代半ば)とオカン(50代後半?)

ぼちぼち予定通りなので、
オカンのチリンチリンをペースメーカーに登山続行(`・ω・´)ゞビシッ!!
23744974_1223720285_57large.jpg
23744974_1223720277_3large.jpg

( ´Д`)=3 フゥーッ

23744974_1223720246_176large.jpg

天狗沢の雪渓
いっきに体が冷える。

5分も持たずに震えてくるので、休憩場所を探しながら先に進む。
23744974_1223720238_19large.jpg

右側は切れ落ちているので慎重に・・
白出大滝手前でよさげな休憩地点を見つける


さぁ、おやつでも食べて英気を養うぜ!
と、思ったその時。

ふと見上げた壁の上から細かい奴がパラパラ・・・

(;゚Д゚) ラク ラーック!!

次の瞬間、にぎり拳大の奴がチビに直撃!!
「うわーん!!」 チビの悲鳴

すぐさま 2撃目。
(・∀・)に飛びそうだったので、思わず手で払いのける。

直後、3撃目。
確実に私に飛んでくる。落下点を予測してザックで止めた!!

最後の石は何と20cm大!!
直撃なら死んでた。。。。


幸い、(・∀・)が当たったのは肩甲骨。
関節の動きから、折れてはいない。

       よかった

すぐさま(今更)、ヘルメット装着。
下山を考えてみるも、(・∀・)もショックで泣いているだけだったので
落ち着かせて、ひとまず穂高山荘まで行く事にした。 (鬼すぎる)

23744974_1223720232_35large.jpg

無事で良かった

ラクは谷筋からの自然ラクだった。
すれ違う登山者達に注意勧告しながら進む。

23744974_1223720218_32large.jpg

ここからは、穂高山荘までの地獄の登りだ

途中、雪渓が長く残っており滑落されてもかなわんので
オッサンによるアンザイレンで登る事に
昨年の教訓(裏銀座縦走)を生かしたつもりで、4本アイゼンを持ってきたが
最低でも6本だった。。。

23744974_1223720187_237large.jpg

誰もが知ってる笠バックの絶景ポント
先発者達の踏み跡ドロボウしながら、慎重に高度を稼いで行く。

途中、下りの登山者を見かけるもアイゼン無しの足スキード素人がいて見てるこっちがヒヤヒヤ('A`)

雪渓を抜けて一休み。
23744974_1223720210_243large.jpg

(TдT)チビよ、お前はガッツあるよ。
   母ちゃんがあんなケガしたら絶対ヘリ呼ぶよ。絶対(TдT)

雪渓を抜けると、そこから先は石のパズル。
道を少しでも外れると浮石カードでエライ目に

焦らずにルーファイして高度を稼ぐのだ

ここでオッサンが天場争奪戦に参加したいと先発する事になった。流石にチビの歩行速度か遅すぎるし連休の穂高の稜線てゆったりテントなんぞノンビリ行って張れる訳がないが
肝心のテントやら軽装になる為にデポった荷物は私が歩荷していく事になった。

(゚Д゚)ハァ?なんっだそりゃぁ‼︎(#゜Д゜)ゴルァ!!

まー焦っても仕方ないので
ゆっくり ゆっくり 上がっていく
向かいの笠が岳と同じ目線にならなきゃ着かないのがいい目印だ

PM 1:30 穂高山荘到着。
23744974_1223720125_251large.jpg

オッサンにテントを渡して

我々はココアとビールで乾杯。

(´Д`)ハァ…

しかしながら・・・
( ー`дー´)キリッ ホント よく がんばった(歩荷したオレも)!!

チビのケガは打撲だけっぽくて安心した
食欲も旺盛で、カップ麺をニャンコ飯にしてアルファ米をペロリどんぶり

湿布を貼って、一晩様子を見る事にする。

(続く)

スズカエンデューロ

今回で3回目のエントリー

行きつけのバーでノリで始めたとはいえ
よく出場してると思います


0時にゲート開門なので
ピット争奪戦に参戦すべく徹夜に耐えうる装備片手に向かいまする

ザックはオスプレイの軽量
トランスでおなじみ
アスファルトの上の銀マットは寝心地最悪なのでサーマレスト
ディズニーランドで昔買ったブランケット
無印良品の首枕
雨対策でトランスおなじみのシュラフカバー

バッチリですわ

1時にゲート並んだのでちょっと後ろだけど余裕で取れそうだ
問題は興奮してて寝れないオジさん達だ

山小屋だったら怒鳴り散らすレベル

3時過ぎに撃沈してたけど
レースも撃沈してて欲しいよ




ボチボチのポジション

このギチギチの中にロードバイクが紛れ込んでて将棋倒し以前じゃねーかと思う訳で

5時の号砲(ウソw)と共に小走りで移動
ダッシュするとスタッフに怒られまする
無事にお目当ての一番前を陣取れた



左の手前の方は(・∀・)の自転車の師匠
怪我中なので我々ポンコツチームで走ってくれる事に!

怪我中とはいえトップ集団のトップ争いしつつ1時間まわしてくる辺りスゲェ

徹夜の場所取りと深夜まで働いてくるバーのマスターとその客
ガツガツしません
1分1秒も争わない姿勢

ピットに戻って来ても交代要因は日陰でノンビリなんでひたすらビノビノ


サイクルジャージ着ない主義 で

ドカヘルwwww

この浮き上がり感ステキでしょ




ビノビノの傍ら(・∀・)はポンコツチームを支え過ぎて燃え尽きてた


お疲れちゃんちゃん

プロフィール

さとmintia

Author:さとmintia
40を越しても人間は強くなれるのか

体幹激弱
筋肉皆無
○十肩

登山 ロードバイク
クライミング
ラン ちまちまと


子育ても卒業間近
ゆるゆるだったり
ぐずぐずだったり
ガシガシだったりの

動画マンだったりの
https://www.youtube.com/watch?v=46JaLJDIlYk

カズきち君は17歳 
サブカル系高校生(彼女募集中)

最新トラックバック

かうんたー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード