スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MAMM2017動画仕上がり

大会から1ヵ月もたってしまったけど
ダイジェスト動画がなんとか仕上がりました

今回はアクションカムを無理やり押し付けて
有名選手にカメラ向けられたらどんな感じになるの的にテストしてみましたが、流石は石田さん。
走りに集中ではなく、持ち前の走力で後方に下がっても前に出られたり幅の広い素材が集まって最高の内容。

勿論、カズきち君も頑張ってもらってて、ランカメさんが2台の厚みのある素材が集まりました。

個人の個性が出てて、カズきち君はなかなかフレンドリーにランナーさんとは絡めないので石田さんが撮った絡みシーンはどれも使いたくて本当に悩みました。

今回はちょっと長めに作って見ましたが
皆さんやっぱり最高の顔で、撮った人全員使いたかったヾ(:3ノシヾ)ノシ”

https://youtu.be/5PTT7RhZnRgひとりぼっち編集は寂しいのでニコニコ動画の生放送とか見ながらやってます
スポンサーサイト

NINJAトレイルの撮影の巻

NINJAトレイルにお邪魔して
ITRCの皆様やさるびの温泉さんに色々お世話になりながらなんとか撮影も無事終了です
木曜の夜からさるびの温泉さんにお泊まりです
荷物も住むんじゃねーのな勢いで凸です
1日目はスタートも10時とものすごくのんびりモードで、撮影もそれはそれはのんびりかと思いきや、なんと動画班は我々だけで明日からのロングの割り振りをちょっと考えなうまくまわらんヤバピンチでござる。
ショートコースのスタートゴールとファミリーの部を我ながら絶妙なるピンピンのタイミングできりもりです
おぉー流石はさとみんグレートですよ
もう1日目で素材潤沢
明日の事を考えると今回の素材はtj並にすげぇ事になるですます
tjの場合は素材もりもりとは言っても選手は30名、それに各セクション毎なので応援チームとサポーター、委員会なのでカテゴリ分けはラク
トレランはそうはいかんのだ
相手は100人単位なのでヒーヒーだ
1日目の見所はやっぱりファミリーかなぁ
中学生のガチ勢から幼児まで山をぐるっとまわって最後はアスレチックを抜けての平等ゴール
かわいいわガチだわで微笑ましい事この上ない
天気も暑いくらいの穏やかなのも手伝って、とてもなごやかな村民運動会なノリでした。
もう、編集が楽しみで仕方ない。
夜の前夜祭はデータ移しの為に参加出来なかったけれど、終了からのtj会議的飲み会には滑り込めてなんやかや飲んでしまった。
果たして4:30起床なんて出来るのか
前日とはうってかわって7:00スタートの鬼スケジュール
我々はコスプレまで準備してきたので、先ずは着付けから_(:3」∠)_
激しく身体がダリぃがそうもいかん
カズきち君を全力でたたき起こして、かっちょよくしてやる。自分も着替えるが、コスプレなんて20年ぶりで恥ずかしさ(乂'ω')まっくす!
がんばるぉ
今回、駅伝チームのヨネッティにアクションカムをお願いして、タスキついでにカメラも繋いでく方式を採用。
米田さんとミサゴさんと柏木さんにつないでもらった
マジさんくすである
昨年は逃げられた阪田ニンジャを今年はとらえるべく、移動のルートは完璧である。
しかも今年はモニキもいるのだ
しっかりおさめるゾイ(ง˘ω˘)วゾイ
カズきち君には水車小屋まで走ってもらい、速攻回収。池に飛ぶ
ふた手に別れて撮影
エイド付近に池トラックがボクの担当
カズきち君には走りつつ植林地帯を
ボリュームゾーンと女子をパラパラ撮ったら
柘植センターエイドへ移動
途中の寺ウォーターステーションで服部区間スタートを撮影(ここでアマッチに目の前で逃げられる)昨年は寺スルーだったので油断してた
柘植センターまで飛ばし(ランナーの背中も撮りつつ)
センターでカズきち君を放流
ボクは奥余野公園に向かう油日には上がれなくともエイドの顔は撮れるだろう
難所の油日ルートエイドは檻姫NINJA部隊が100人辻斬りモードで待機。熱を感じる!
ここからはテクニカル猿飛コース
スタートするトップ選手の背中を走って追いかけるけど、10mで息があがるε-(´∀`; )
モニキと阪田ニンジャもきちんととらえられてよしよし( ᐛ )و駅伝の岩崎さんとミサゴさんを見送り、トップ選手が柘植センターを通過した頃合を見てカズきち君をピックアップに戻る。
欲を言えば油日のボリュームゾーンはもちっと撮りたいし、自分も登れればと悔しい。
カズきち君をゴールに放り込み、再び池に戻るが、前日とはうってかわって低音で冷たい風が吹く。待つのも命懸けである。
エイドスタッフさんにはアタマがさがります
柏木さんとそれを追う暴走特急の新藤さんを撮影した所でカロリー不足で低体温になってきたのか、アタマが働かなくなってくる。いったん下山してコンビニでカロリー補給
カズきち君は大丈夫であろうか
(その頃カズきち君は、ゴールしたズーミンさんとニンジャな撮影したりなんかコスプレを満喫しつつゴール撮影をしていた。前日買った食事をまるっとさるびのさんに置いてきてしまっていたので、カズきち君はそれを食べていたのだ。しっかりしている。ボクは撮影と移動でごはんにありつけず、ガス欠となったのだ)
ゴールにもどってとにかく保温を意識しつつ撮影を続行だ。寒い時期は厳しいが選手のアドレナリン出まくり顔を見るとヒヨっちい事は言ってられない。
表彰式を終えてからがゴールのハイライト
ヨレヨレランナーを出迎える大事なお仕事
最終ランナーのハラキリをしっかり撮って無事撮影終了となりました。(*'ω'ノノ゙
さて、こっからが大事な仕事
本番の開始
頑張るよ!

カズきち君にはポージングについてみっちり指導しといたので見栄えよく撮れてますな

NINJAトレイルぷれ(仮)の動画

昨年プレ大会にお邪魔させてもらったが
あまりの体調不良で満足いく撮影が全くできなかった悔しいNINJAトレイルが今年は栄えある第1回を迎える
撮影してから頭がポンコツになってしまい
編集が全く出来ぬまま人生終わりかと嘆いていた所、突然神の啓示か頭がスッキリしてきたのでやっとこ編集に取り掛かる事が出来た。
MAMMも今回のNINJAプレも思い返してみれば以前の編集の仕方では出来上がらないもので、新しい段階へ進む悶絶期だったのかと思えば簡単な話だが、抱えてる間はとにかく死ぬかもしれない鬱状態で気力もなんもという感じだった。
動画編集は毎回同じ様で違うパターンを意識しているので、バラっと並ぶ素材をみて構成を考えるのだが、構成ありきで撮影する訳ではないのでその大会らしさを見出すのに非常に苦労する。
早朝、レース直前で知らない人間からカメラを向けられてノリで返してくれる様に仕向けるのはなかなか大変で、この朝の段階で心がぶち折られる事は珍しくない。世のカメラマンというのは本当に鉄の魂だなと毎回カズきち君と噛みしめあっている。
2016のTJARを越して、
カズきち君のカメラの腕を確信してきている。
さりげなくそこにいて、
確実に素材を抜いていく。
欲しい素材がちゃんとある
もう私の素材は撮ってて意味があるのか疑問に思えてくる程酷い。これはセンスなんだろう
悲しい事に自分にはカメラのセンスがない
息子に嫉妬しても仕方ないので、カズきち君には今後もカメラを伸び伸びとやって欲しいなと願いたい。
ではでは
そんなこんなのNINJAトレイル応援動画です
https://youtu.be/VXhuzNL6X0w

MAMM応援動画完成

昨年の秋に撮影してもう1年になろうかという鈍足動画ですが、やっと出来上がりました。

MAMM
モニキアメージングもりもりマラソン
南アルプスマウンテンマラソン !
ヽ(#゚Д゚)ノ┌┛Σ(ノ´Д`)ノ
大井川鉄道を囲む山の稜線を走る今までにない試みで、町を上げての大イベントだった。
集結した人数はなんと1000人のランナー
交通の便はあまり良くない中
よく集まったし、そんなに来てたんだなと改めて驚きである。
TJARからは
ミサゴさんや紺野さん石田王子や男澤さん
おはりん、雨宮さん
そしてそして
我らが師匠S田君いや阪田さんね
朝になって実はいまーす
な、盛り上げ方。
実によく分かってらっしゃる
当時
この頃はものすごーく体調が悪くて
ものすごーく精神的にもやられてて
結構難儀した記憶がある
実際、大井川までハーフゴールを撮りに行ったのに1時間位車内で横になっていないと起き上がれない状態だったし、撮影の時もどう切り込んで行っていいか分からない位ヨタヨタで、素材を見返すと恥ずかしくて全消去したくなるものだった。
このポンコツの為に阪田さんとミサゴさんの素材を撮り逃したのである
紺野さんの素材もめちゃくちゃ少ない
( ˘-з-)
ここで頑張ってたのはカズきち君
持ち前の若さと勢いで突撃して、素晴らしい素材を集めてくれてた。
感謝である
さて、MAMM
往復とはいえ、稜線伝いのコースなので選手に近づくのが難しく、撮影泣かせの大会だったが、エイド、ハーフゴール等ではお祭り状態の賑わい。
皆、いい顔してやって来る。
エイドスタッフのお姐さん方の手際の良さ
これ、第1回大会ってホント!?
な位
皆めちゃくちゃ頑張ってた
カメラを向けてもノリもよく
やってるぜー!
の勢い
実に圧倒される
これからも全力で応援したくなる
そんな大会だった
今年も応援に行くぞ!
٩(●˙▿˙●)۶…⋆ฺ

動画でけたので撮影秘話など

奥三河パワートレイルの動画が出来上がった
撮影から2ヵ月もかかってしまったが、溜め込んだ素材を考えると
仕上がったのだ
と純粋に喜びたい。
動画の制作については時々FB等に上げたりしてるので、ボクがたまに悶絶してるのを見ていただけてるかなと思って、今回は撮影の時ってどんななの?ってのを書こうかなと思います。
奥三河パワートレイルは茶臼山から新白へ抜ける結構長々としたコースで、村々にエイドが建つので追いかける側としては結構やりやすい。
峨山道等もそれにあたる
今回も我等がカズきち君にも手伝っていただきました
カズきち君には1日5000円のバイト代を払ってます。忙しい高校生のハートキャッチするには物理な魅力を提示しないとなりませんが、クソみたいな素材をあげようものなら容赦しないので、この頃はだいぶ気合い入ったモノを撮ってきてくれる様になりましたし、使用してる2/3はカズきち君の撮ったモノなんですよ。
ウデ上げてきました  (゚A゚;)ドキドキ
話が逸れた
当日は連休の恩恵もあって、土曜日にロケハンに入りました。
初見のカズきち君のポジション取りもあるので
どんな画が欲しいのか、細かく指示します。
あとはカズきち君のセンス次第で、どれ位の時間撮影して誰を撮るのか、次に移動するタイミング等もその場の判断になりますが大まかな打ち合わせを練ります。
今回、自分的な目玉は老人の家エイドの武者おじさんを撮る事と風力発電所ゾーン
チャリダーでヒルクライムもこなすカズきち君は指定場所に着弾させても自力で戻って来られる頼もしい助っ人なのだ。

まかせてくだせぇ!
料金分きっちり仕事しまっす!
土曜日の茶臼山はごううならぬ豪雨
(;゚д゚) ゴクリ…
明日の朝は冷えるどー
この頃はお薬の決定打のない頃で、症状が出たらその都度薬剤を投入して、動けるまでが撮影期間。という、かなりムボーな時期だった。
エイドの駐車場で車中泊の計画で行ったものの、何故か現場は天体望遠鏡のバズーカがところ狭しと並んでおりものすげー賑々しい( ̄▽ ̄;)
夜間ずーっとシャッターの切れる音やら人の動く気配であんまり眠れなかったが、朝1の茶臼山送迎バスの音で目が覚めた。
ううー予想通り寒いぜー
見事な朝焼けなので牧場上の駐車場で雲海と共に景色撮影する(これが今回のオープニングである
茶臼山付近はすんばらしいトイレがあちこちあるけど、どこもかしこもシャッター閉まっててマジでギリギリでしたよ。オーノー

皆さんトイレは気をつけましょう
朝の寒さもあって、選手の皆さんテンション低め。
おーはー!と突っ込んでっても
「あ、ドーモ」
な感じでもー昨年とは全然ノリが違います。
「母ちゃん、オレ、これ以上は撮影ムリだよー」
カズきち君の泣きが入りますが、選手の皆さんだって、これから厳しいレースに向かうのに無理言ってすみませんでした。
前回は石川さんを撮るのに突っ込んで行けなくてアレだったので、積極的に参ります。
スタートも2人体制なので俯瞰と直近とで撮影出来たのは良かったかな
スタート後は二手に分かれて
ボクは茶臼山降りてきたトコ
カズきち君は牧場向かう手前
と撮影
程々撮ったらカズきち君とロードバイクを発電所前に放牧してボクは牧場を抜けてくる選手達とエイドを撮影します。
あらかた撮影出来たらカズきち君が戻って来るので、指定したエイドで撮影しつつ待ちます。
鎧ムッシャーのいる老人の家エイドはバスでないと近寄れません。
カズきち君は選手の走ってる所を撮るのは得意ですが、未成年故に突撃インタビューな撮影はまだまだ恥ずかしい年頃なのか課題点なテーマ。
そういう所はボクが突撃してきます
エイドのサポーターさんや選手の補給中等をカメラに収めて、昨年だいぶ撮った千枚田エイドへ。
ここもシャトルバス利用なんだけど、千枚田の最下部までしか通して貰えないので(ソレでもかなり有難いが)たどり着いたら、頂上の展望ゾーンにあるエイドまでえっちらおっちら上がってかなくてはならないのだ。
千枚田を余す所なく体感できるすごいゾーンなのだ
ここまで来る選手達はごりごりの人達で、今年はSHOGOさんを捕らえる事ができなかったなー。
全体的に熱中症危険天気でダラダラかと思いきや、トップは昨年よりも速いというなんとも涙目展開。(トップゴールからケツまで長いって事ね。撮影する側としては最も体力がいるのだ。待つのは大変)
もっと撮影したいけど、モタモタしてるとトップ集団(入賞チーム)がゴールしてしまうので、泣く泣く切って先に進む。
カズきち君とロードバイクを鳳来寺山に放牧してボクはゴールへ
(鳳来寺山の道はこんまい落石の跡が同ろのアチコチにあって、1人で置いてくのは心配だったが、カズきち君にロードバイクを与えた時に彼はボクの知らない所で死んでしまうかもしれないモノに乗って日々鍛えているのだと言い聞かせているので、一応心配だけに留めている。そうでなくてはTJAR撮影で雄山だの木曽駒だのにカズきち君単独で上げたりなど出来ない)
ちょうどバッタさんのゴール直前を捕らえる事が出来た。
ぼちぼちゴールやらイチャイチャ(ゴールしてホッとしつつ、サポーターや他の選手達と談笑している様)を撮影。
自分の体力の限界を感じて来たので、カズきち君を呼び戻してゴールの撮影を頼み少し休憩して帰宅とした。
自分としては前日入りして早朝から動き続けるというかなり強行スケジュールを久々にしてみてまだまだ無理があってかなりカズきち君に撮影をお任せしてしまう反省点が目立ったが、やっとここまで来たかなと少し明るい展望が見えた撮影だった。
まぁ、ここからが本当の地獄なんですけどね。
編集というアレね
今回、編集は鮮度とかは気にせず
とにかく仕上げるが目標。
文字通り、集中力が続かなくて大変だったけど、本当の意味での治療法が見つかる等して調子を取り戻す事が出来、完成にこぎ着けたのだった。
GWも編集に注ぎ込まず、ゆっくり休んだり
モニキトレランに出かけてPCから離れたり
無理しない状態を維持出来たのは良かった
おかげさまで山にも登れました。
復帰第1戦で白山はやり過ぎたけど、自分を確認する上でも良い目安になったと思う。
本当は、編集のテンションを切らない為には出かけたり山行ったりなんてのはちょっと良くないんだけど、まぁ、いいかなと思う。

これからも頑張りやっす
ではでは
山モッティーやや多めですが、推しメンなのでつかいたおしましたw
北陸のキムハヤとかモニキ弟子のターニャんとかも推しメンですのでやや多めかな(*´罒`*)ニヒヒ☆
チームガンバフンバや江戸女子は今年も輝いてましたねー
イケメンすぎて福井さんは撮るのが毎回難しい
課題被写体でございます
最後になりましたが、撮影で声をかけていただいた方々や辛い時や集中してる時にも応えて下さった選手の皆様、ボランティアの皆様、ちびっ子の動画掲載許可を下さった親御様、ワンちゃん。
ありがとうございました!
https://youtu.be/DiCjyytXiSs

プロフィール

さとmintia

Author:さとmintia
40を越しても人間は強くなれるのか

体幹激弱
筋肉皆無
○十肩

登山 ロードバイク
クライミング
ラン ちまちまと


子育ても卒業間近
ゆるゆるだったり
ぐずぐずだったり
ガシガシだったりの

動画マンだったりの
https://www.youtube.com/watch?v=46JaLJDIlYk

カズきち君は17歳 
サブカル系高校生(彼女募集中)

最新トラックバック

かうんたー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。